地元の食べ物

2010年02月17日

 尾道に行った帰りに味龍によってみると、メニューに「マルチョウ」入りのラーメンがあった。

炙りホルモンらぁめん 真剣ガチもつ(830円)※ミニライス付き
味龍 スタミナ 自慢の自家製麺。スープには辛子味噌が入っている。一口目は酸味を感じるが、食べ進めてゆくとうまみを感じ、最後は甘みと辛さ。全く塩辛くなく、インパクトのある味だった。
 具は主役のマルチョウ。炙ってあるものが4つ。こちらがなかなか美味しい。甘みのあるマルチョウだった。
 野菜はモヤシ、キャベツ、ニラ、玉ねぎ、人参。これらの野菜のおかげか、スープに甘みがある。野菜いっぱい食べられて、なかなかいい。
 トッピングに白ゴマがあり、アクセントになっている。

 ホルモンを使ったラーメンは、秀さんとこのものが頭に浮かぶ。やはり白ご飯がよくにあう。こちらのラーメンにも、ミニライスが付いてきた。麺を食べ終えた後、野菜とホルモンをおかずにご飯を食べる。スープを飲む、などの楽しみ方ができる。

 どんぶりが今風で、口が小さく深いタイプのもの。このタイプのどんぶりは、あまり好みではないが(スープをレンゲで飲むほうが向いている。どんぶりから直に飲みたいの・・・)、具材がとりやすいのかもしれない。

 味龍のラーメンは、若干上品かなぁと思っていたけど、この炙りホルモンらぁめんはパンチがきいていて、いいなぁ。
 ラーメンは、若干品がないくらいが、おいしいなぁ。

 逆に、ぴちーっと品よく、凛としたラーメンもあったりして、それはそれで、とても好きなんだけど…。

ミニライスが付いてくる
100216-204628

Comments(4) | TrackBack(0) │   (11:52)

2010年01月25日

 今日は尾道の「味龍」の味噌ラーメンを食べた。
 
味噌ラーメン(600円)
10c1a07f.jpg 麦みそを使用、とメニューに書いてあった。麺は少し縮れている。具はチャーシューとネギとメンマ、モヤシ。チャーシューがとても美味しい。
 味噌ラーメンとしては、バランスがよく整っていて、麺も美味しい。自家製麺ということらしく、福山のお店とこちらのお店で「スープ」と「麺」をそれぞれが作っている、とのこと。

 一つだけ、面白いなと思ったのが、料金表示が税抜きになっていること。ラーメン屋さんは、メニューに書いてある通りの値段(税込表記)が多いのに、こちらは、そうではない。
 味噌ラーメン600円にプラス300円でチャーハン(小)をつけることができるが、トータルで945円である。ラーメン屋さんで5円玉をもらったのは、初めてかもしれない。

 だからどうした、というところではある。
 税抜き表示のほうが、まっとうなのかもしれない・・・。
 税込だと、消費税が上がると、メニューの値段を全部やりかえる必要があるので、妥当なのかな。

 そういえば、以前に消費税の表記について、苦労した経験が・・・。
 税金が変わるのは、百歩譲ってよいとして(よくはないが・・・)表記の基準が変わるのは、本当に大変なのだ・・・。それを変更するための手間暇は、政治屋さんは考えていないんだろうなぁ。

 なにより、今の総理大臣は数千万のおこずかいをもらえるんだから、下々の100円単位の話なんて、気にならないのかもしれない。
 うーん。
 
Comments(2) | TrackBack(0) │   (12:31)

2010年01月18日

 今日は、新幹線新尾道駅ちかくの「餃子館」で昼を食べた。
 以前に食べた時、ラーメンや餃子、ホルモン焼きが美味しかったので、今回は看板にも大きく出ている「チャンポンメン」を食べてみた。

チャンポンメン(630円)
be7be474.jpg 中華鍋で炒められていた具は、白菜、人参、キクラゲ、ネギ、モヤシ、豚肉、小エビ、イカ。
 スープがしっかり取られていて、野菜や魚介のうまみも加わって、ガツンとくる旨さで、若干塩気が強い。
 麺は太すぎず細すぎずの若干縮れた感じのするもの。
 全体的に、すこし油が多いかなぁ、塩っぽいかなぁとも思うけれど、これはこれで、パワーのある旨さだと思う。白菜が多く入っており、野菜をしっかりとれて、いいかもしれない。

餃子館 メニュー
a6063fbd.jpg 全体的に価格が低く抑えられていて、しかも美味しい。

 次から次へとお客さんが来てとても活気がある。
 人気があるお店なんだなぁ。

 来週は、行ったことがない「東珍康」にいってみようかなぁ。
 とんかつラーメン・・・??
 ハンバーグラーメン・・・??
Comments(2) | TrackBack(0) │   (13:50)

2008年05月02日

すぎやのたいやき先日、お店になぜか「たい焼き」があった。
うちのパートさんのお友達がお土産に持ってきたらしい。
そのおすそ分けで、一口もらった。
私はパン屋なのに、基本的に甘いものが苦手である。たい焼きだなんて、もってのほか。ほとんど食べない。
でも、みんなが「おいしい!!」を連発するもので、それならばと、興味をそそられ、一口食べてみた。

「うー。うん?うん!うまいっ!」

これは本当に旨いたい焼きである。
まず、粒あんがうまい。小豆の風味を大切にし、砂糖の力をあまり借りず、勝負している。そして、生地がとても素直な味がする。小麦と牛乳と卵に若干の砂糖、ベーキングパウダー少々・・・かな?とにかく、素直な癖のない、小麦の風味を感じる生地。素朴ながらも、きちんとしている。
久しぶりに、昔食べた「当たり前のたい焼き」を食べた気がした。

これは実際に買いに行ってみなければならない!
お店を見てみたい!
たこ焼きもあるらしい!<たこ焼きは好物である

ということで、実際に行ってみた。

すぎやお店の名前は「すぎや」。国道184号線沿いにある、とても小さなお店だった。
メニューはシンプルで、たこ焼き、たい焼き、飲み物、アイスクリームなどである。

内装などは、娘さんのセンスで選ばれているらしく、シックさがある。店内にはとてもセンスの良い絵本や写真集が置いてある。思わず絵本の「ぐりとぐら」を読んでしまった。なつかしかったなぁ。
カウンターには、コーヒーミルが置いてあり、おいしいコーヒーも飲めそうな予感がする。

で、今回購入したものは、たこ焼き、たいやき(あんことクリームのもの)。

たい焼きのあんこは手作りで、下の娘さんが炊いているらしい。
生地も既製品のものではなく、自家配合。だから、あんな素直な味がするんだなぁ。
クリーム入りのたい焼きも、卵と牛乳の素直な風味と食べ口がとても好感触!クリームパンに入れても、おいしいだろうなぁ。
店内でしか食べられない抹茶味たいやきがあったが、時間の関係上、お持ち帰りしたので食べなかった。次回に食べてみたいなぁ。

たこ焼きは、自宅に帰ってから冷え切ったものを食べたのだけど、生地は冷めてたこ焼きとしては、十分うまいものだった。生地がきちんとしてないと、こうはいかない。次は熱い時に食べようと、小さく決意した。
たこは地元瀬戸内のたこを使っていて、輸入ものにはない、締まった身の感触が、心地よい。
マヨネーズは30円の追加料金で、お持ち帰りだとキューピーの小袋がついてきた。たこ焼きの数は8個なので、若干私にはもてあまし気味だったが、マヨラーの方には足りないかもしれない。

こういった、家族でやってらっしゃるお店って、好きだなぁ。お父さんがたこ焼きやたい焼きを焼いてて、娘さん二人で接客と製造補助。いいなぁ。

ともかく、すぎやのたいやき&たこやき、お勧めです。
道すがら、立ち寄ってみたくなるお店。
でも、駐車場が小さいので、ご注意!!

ショップカードはこちら(↓)
b9941607.jpg


Comments(9) | TrackBack(0) │   (19:29)

2006年07月17日

 突然ですが、ジェラートの販売を、昨日から始めました。

 ジェラートは、瀬戸田のドルチェさんから供給を受けております。
 
 ジェラートの冷凍庫を店内に配置するために、食パンの陳列台を撤去し、陳列台を別の場所に追加し、ジェラートの小道具をそろえ、ポップを作成し、ジャスコさんに申請書類を提出し・・・などなど、煩雑な作業を滞りながらこなして(私はケツに火がつかないと、動けない男です・・・)、もう私はグダグダです。



 しゃっきりしているのは、ジェラートの味わいだけです。
 これは、本当に、正直に、お世辞抜きに、まじめに、とても旨いジェラートです。
 特に、柑橘系はさすが瀬戸田のジェラート屋さんだけあって、素晴らしいです。

 特筆すべきは、ジェラートだけではなく、そのジェラート本体下部にあるコーンが「普通のコーン」ではありません。そんじょそこいらの、気合の入っていないコーンと思ったら、大間違いです。コーンに魂が入っています。

 冷凍庫には現在10種類のジェラートが入っております。

 暑い夏は、冷たいジェラートで。
 暑くなくても、冷たいジェラートで。
 寒くなっても、冷たいジェラートを。
 
 そして、冷たいジェラートで涼しくなったら、パンもついでに・・・。(笑)
Comments(4) | TrackBack(0) │   (22:37)

2006年02月28日

 先日、とてもよくして頂いているとある設計士さんから、こんな事を聞いた。

「瀬戸田に、旨いローストチキンがあるよ」

 その時は、「そうなんですかー」という感じだったのだが、後から気になって仕方がない。

 そういえば、うちには「薄塩のお京さん」が居たではないか。瀬戸田在住者である。
 頼んでみれば、買ってきてもらえるかも・・・。なんて、思いながら、お京さんにその話をする事をずっと忘れていた。

 ある日、タイミングよく思い出して、そのローストチキンの話をすると、

「瀬戸田では、有名で、時には給食に出る時がある」
「リーズナブルな値段で販売されている」
「瀬戸田の人間で、知らないものは居ないのでは?」
「ハーブ鶏を使用しているらしい」
「手羽とモモしか、ない」
 
 などなど、散文的な情報を頂いた。
 これは、食べてみなければ、と、思い、お京さんに、仕事を依頼する事にした。

「是非、そのローストチキンを、ゲットしてきて下さい!」

9a70778e.JPG お京さんは、あっさり、翌日、ゲットしてきた。
 
「けっこう、常温でも持つんですって。地方発送とかも常温らしいですよ。1週間ぐらいかな?」

 なんて言いながら、私にローストチキンを渡した。

 仕事を終え、「今晩、何食べよう・・・。あ、ローストチキンもらったよなぁー」と、思い出し、早速、電子レンジにて温めなおしを行い、ビールとともに食すことにした。お京さんは、気を利かせて「手羽&モモ」を1組(本当は1本づつから買えるらしい)買ってきてくれていた。
 さしあたり、モモを一口、かじってみる。

「うん。うむ・・・・はぐはぐはぐ・・・・」

 旨かった。なんだ、これは。とても旨いではないか。
 思わず、ビールを飲むのを忘れてしまったぐらい、両手にタレがべっとりついて、それを舐めながら一心不乱にモモと組み合ってしまった。
 肉質が良くて、風味も良い。タレとの組み合わせも絶妙。柔らかく、そして弾力のある鶏の肉が、口の中に転がり込む度、咀嚼し、口の中では、鶏の旨味のハーモニーが完成される。

 勢い余って、手羽のほうも。
 これも同じく、最後まで一気にむさぼってしまった。
 
 さらには、骨しか残っていなかった。

 これは、旨いローストチキンだ!
 でも、もってきてもらったのは、前日の夜購入分だったそうで。これが、焼き立てだったら、もっと旨いだろうなぁ、と、思った。
 
 瀬戸田に行った折には、かならず、行きます。

 玉木商店のローストチキンは、最高です!

 ちなみに、ローストチキンの画像がないのは、夢中で食べちゃったからです・・・。

玉木商店
http://www9.ocn.ne.jp/~siomati/tamaki.html

なぜか、サイトを開くと、サイレンが鳴るので、音にびっくりします。ご注意。
Comments(4) | TrackBack(0) │   (22:20)

自己紹介
四代目(よんだいめ)
老舗パン屋の四代目として、三原に生まれ育ち、跡を継ぐ。 2010年に代表取締役社長就任。
社長になっても、なんだかんだいいながらイオン三原店の店長も兼務。
三原がふるさと。大阪がボケと突っ込みのふるさと。フランスが心のふるさと。
日本と広島と故郷の三原と我が妻と娘をこよなく愛する40歳。

========

オギロパン イオン三原店
郵便番号 723-0014
広島県三原市城町2-13-1
TEL&FAX 0848-62-8800
営業時間 午前9時〜午後8時
定休日 年中無休(お店は)
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ